シンポジウムA 11月26日(金) 9:15 - 11:45 A会場 ホール
「第二回日韓微生物生態国際シンポジウム ― Microbial diversity and Asian ecosystems ―」
オーガナイザ:村瀬 潤(名古屋大学)、竹内 美緒(産総研)、浜崎 恒二(東京大学)Presentation in English
No. 演題
1
Accuracy of Titanium Pyrosequencing in Functional Gene Amplicon Analysis

JOONHONG  PARK  Yonsei University
2

Symbioses of cellulolytic protists and their intracellular bacteria in the gut of termites


MORIYA  OHKUMA  RIKEN BioResource Center
3
Phylogenetic and Functional Diversities of Denitrifiers in Rice Paddy Soils in Japan

KEISHI  SENOO  The University of Tokyo
4

Power of attached bacteria for restoration of disturbed aquatic ecosystem


TAE SEOK  AHN  Kangwon National Univ.
5
Microbial Ecology Research in China*1

Liping  Zhao  Shanghai Jiao Tong University
*1:Abstract is not included in the proceeding because of the late arrangement.
シンポジウムB 11月26日(金) 13:15 - 15:45 C会場 国際会議室
「土壌―植物圏における窒素動態と微生物生態 ―異分野融合による新展開を目指して―」
オーガナイザ:妹尾 啓史(東京大学)、南澤 究(東北大学)Presentation in English
No. 演題
1
温室効果ガスモニタリングと微生物生態研究の接点

秋山  博子  農環研
2
根粒根圏のN2O発生機構とその低減化

南澤  究  東北大学大学院生命科学研究科
3

Denitrifiers Responsible for Low Emission of N2O in Paddy Soils: Identification, Isolation, and Application to Mitigate N2O Emission from Upland Soils


KEISHI  SENOO  Univ. of Tokyo
4
植物による硝酸化成抑制機能 -硝化を制御する新たなアプローチ-

石川  隆之  国際農林水産業研究センター
5

Nitrogen cycling in forested ecosystems:

Needs of microbial ecological approaches from biogeochemical viewpoint

NOBUHITO  OHTE   Department of Forest Science, The University of Tokyo
シンポジウムC 11月26日(金) 13:15 - 15:45 A会場 ホール
「微生物生態系を捉え直す ―要素抽出からシステムの理解へ―」
オーガナイザ:二又 裕之(静岡大学)、春田 伸(首都大学東京)Presentation in Japanese
No. 演題
1
微生物生態系の理解に向けて

二又  裕之  静大工
2

捕食者—被食者系における迅速な適応とその影響


吉田  丈人  東京大学 総合文化研究科 広域システム科学
3

微生物生態解析におけるモデル化・シミュレーションと実験データとの比較・融合


青井  議輝  Northeastern Univ.
4
可塑性、安定性、進化

金子  邦彦  東大総合文化・複雑系生命センター
5
細胞の個性と環境応答

四方  哲也  大阪大学大学院情報科学研究科、動的微小反応場ERATO